社会の注目
トップページ >  社会の注目 >  要人メッセージ

 

2005年12月3日、胡錦涛国家主席及び中央幹部が中国障害者芸術団団員、スタッフを接見。2005年12月3日、胡錦涛国家主席:「まず国家、国務院を代表して中国障害者芸術団の団員、スタッフ一同、全国の障害者の方に心からあいさつと祝福を申し上げます。中国障害者芸術団が歩んできた、この激動の18年間を振り返ると、あなたたちは、その心を鼓舞するすばらしい公演、独特の魅力をもった芸術、たゆまなく努力に励む精神をもって、公演を見たすべての人々を感動させ、国家、国民の栄誉を勝ち取ってきた。祖国と国民はとてもあなたたちに感謝しています。あなたたちの更なる活躍、経験を積み、絶えずより多くの芸術作品を創り続けることを期待します。全国の障害者の方があなたたちを手本に、自尊心、自信、努力、自立の精神をもって、積極的により良い社会のために身を投じ、人生の価値を見いだし、美しい生活を創りだすことを期待します」

2008年9月11日、胡錦涛国家主席をはじめとする9名の中国最高指導者及び国際パラリンピック委員会のクレイヴァン会長、国際オリンピック委員会のサマランチ終身名誉会長ご一行が公演を鑑賞。胡錦涛:あなたたちの公演は非常に素晴らしく、人々の心を動かした。クレイヴァン会長:私もとても感動しました、閉幕までもはや自分の感情が抑えきれないほど感動した。記者会見にて、「中国で最も感動したこと」との質問に対し、クレイヴァン会長は「それは中国障害者芸術団の公演を鑑賞したことです。これまでにないほど震撼させられました」と話した。
公演情報
映画・テレビ特集