演目鑑賞
トップページ >  演目鑑賞 >  京劇「三岔口」

 
京劇「三岔口」 
 800年前の三叉路 
ある夜 二人の好漢が
思い違いで いさかいをした


京劇「三岔口」は
聴覚障害者と視覚障害者が同じ舞台に立ち
視覚障害者はリズムを暗譜し
伴奏とセリフをこなし
また聴覚障害者への手話指揮の役割も果たす 

ときには、どらや太鼓を絶え間なく打ち鳴らし
虎のように勇猛で
ときには、息をひそめて、ツバメのように敏捷に
両者の息がぴったり合い
すばらしい演技である

 

 

1   2   トップページ| ねがい| 次頁| 尾页
公演情報
映画・テレビ特集